2013年02月24日

2月23日に「文庫の森」が開園

 2月23日に、国文学研究資料館跡地が「文庫の森」という名の公園としてオープンしました。場所は、戸越公園の近く、戸越体育館の隣。

 面積は14,749.56uあるそうです。約4,470坪あります。

20130204-01.jpg
 2008年に立川へ移転した国文学研究資料館の跡地がようやく区立公園として開園。


20130204-02.jpg
 中央に池があり、この池の周りに遊歩道や芝生地が配置されたレイアウトとなっています。この池には、以前はコイ、カメやザリガニのほか、ウナギまでいましたが、今はどうなのでしょうか。覗いた限りでは何もいないようでした。


20130204-03.jpg
 池は渡ることができます。


20130204-04.jpg
 まだ養成中の芝生(?)結構広いです。


20130204-05.jpg
 きれいなトイレです。


20130204-06.jpg
 立派な喫煙コーナーもありました。完全分煙のようです。戸越公園や林試の森公園で喫煙者と子連れファミリーのタバコにまつわるケンカを見たことがありますので、こういった明確な分煙はトラブル防止の観点からも賛成です。


20130204-07.jpg
 オープン当時はさまざまなイベントも催されていました。人も多かったです。これからも多くの人に愛される公園になって欲しいですね。戸越公園のすぐそばですので、お休みの日には、家族とのお出かけコースとしておすすめですよ。
ラベル:公園
posted by 五反田で働く社長 at 23:25| Comment(0) | 荏原地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。